事業主体

研究開発センター   home | 事業主体 | 研究開発センター

"自信満々、心を込った設計、根気がよいサービス" 

  「革新・挑戦のために、サービスから始める」立宝の研究開発センターは2013年に設立され、設計にて影響力をつくり、取引先に製品の設計及びビジュアルコミュニケーションの設計にワンストップ式ソリューションを提供し、お客様に全面的な産業化製品、ブランドの設計サービスを提供し、取引先に企業の競争力を向上させる。
  当社は設計による利益の最大化を確保するために、開始段階または完了段階で工芸分析、構造設計、成形流れ分析、生産協同、材料応用及びサプライチェーン等の問い合わせ情報を含む技術援助を提供し、取引先に製品設計から製造、販売までの計画を作成することができる。
  業務効果と利益を最大化にするために、鋳型はMoldex3D成形流れ分析ソフトウエアで鋳型製造の編修とプラスチックの射出成形工事を完全にまねることができる;手板鋳型は輸入した3DSYSTEMS ProJet HD3500 Plus印刷施設を使用する。上記ことは、製品の設計のフィージビリティースタディと製品試制作に実物を提供することができる。
  現在、新しくリリースしEvolution Planは取引先に「次の世代」製品のシステムにソリューションを提供することができる;即ち、設計過程中において、取引先に前後連貫してDNA進化価値のある一連製品を提供し、それは外観、構造、機能等において発展変化特性がある。
  「同一製品、更なる高価値」
  製品設計は機能設計、外観設計及び鋳型設計を含む;ビジュアルコミュニケーション設計は企業識別システム、利用者界面デザイン等を含む。
  専門製品設計チームは取引先の提出する特別要求に応じて更なる設計を実施し、専門CADドローソフトウエアによって、機能を製品に組み込まれて取引先の需要に応じた製品を設計し、更なる競争力のある新製品、製品の価値を向上させる;既存製品のパラメーターを変更し、更なに優れる製品を進化する-ここで、完全的な革新から改良まではすべて実現ができる。ビジュアルコミュニケーション設計チームは製品性能及び外観需要に基づき、専門的な編集ソフトウエアで平面メデイアを、写真の後期処理を行い、それによってアイデアのある平面宣伝を形成する;また、設計チームはVIの設計と導入を行い、取引先に一連の企業イメージシステムの設計を提供する。
  この部門は「信心・用心・耐心」3「心」の設計理念をもって向上に向上を重ねって、深さを掘り出し、細部を求め、それによって製品の設計品質を向上させた。各プロジェクトごとに対し、剛毅な態度、創造性のある見方と行き届いたソリューションでカスタマイズ化したソリューションを提供する。
  21世紀の企業にとって、運営のキーポイントは設計によって決められる。当社はブランドイメージと市場競争力をいっそう向上し、取引先にビジネス価値をつくることができることを信じている。

  • img
  • img
  • img
浏览次数: